kネットの情報

kネット・メールニュースNo.159「恐れていた最悪の事態、文京区の殺人、自殺」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■  kネット・メールニュース  No.159
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

「家庭裁判所に法の支配を。日弁連に人権の確立を。」…

1,報道

毎日:離婚調停:トラブル増加 父親の意識変化も

http://mainichi.jp/select/news/20131224k0000m040091000c.html

離婚調停:トラブル増加 父親の意識変化も

毎日新聞 2013年12月23日 22時36分(最終更新 12月24日 00時00分)

子どもとの面会などを求めた審判・調停の推移
子どもとの面会などを求めた審判・調停の推移…

kネットの情報

kネット・メールニュースNo.116「ほんとはどうなってるの? 共同監護と面会交流」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

□■   kネット・メールニュース  No.116

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

★選ばなくっていい パパの家 ママの家

 …

1,報道

読売:失いたくない…別居中の妻実家から長男連れ去る

失いたくない…別居中の妻実家から長男連れ去る

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130513-OYT1T00276.htm

別居中の妻の実家に押しかけて1歳5か月の長男を連れ去ったとして、山形県警天童署は12日、東京都杉並区荻窪、広告会社役員〓〓容疑者(33)ら男3人を未成年者略取容疑で逮捕した。…

1,報道

プレジデント:親権争い -離婚裁判で妻から子どもを取り戻せるか

親権争い -離婚裁判で妻から子どもを取り戻せるか

2013年3月5日(火)10:20

http://news.goo.ne.jp/article/president/bizskills/president_8729.html

(プレジデントオンライン)

PRESIDENT 2013年1月14日号 掲載

離婚に向けて話し合い中だった妻が、ある日突然、子どもを連れて実家に帰ったとしよう。もしこのまま離婚裁判に突入すれば、わが子の顔を当分見られなくなると覚悟しておいたほうがいい。日本の離婚裁判では、子どもを連れ去った側に親権が認められやすいからだ。…

1,報道

読売新聞:実子“誘拐”相次ぐ~子の幸せ考え法整備を

<1> 実子“誘拐”相次ぐ~子の幸せ考え法整備を

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/feature/matuyama1356269767701_02/news/20121224-OYT8T00433.htm

父親が実の子を“誘拐”する事件が今年、県内で相次いだ。「子育ては母親」という考え方が根強い日本では、離婚すると大半のケースで母親が親権を…

他団体・個人の情報

在ブラジル日本国大使館:子どもの親権をめぐる問題について

http://www.br.emb-japan.go.jp/nihongo/index.html

子どもの親権をめぐる問題について

近年、国際結婚のカップルが増えてきています。そうした流れは、日本とブラジルの間でも同様で、当館領事窓口にも国際結婚の届出、日伯間のカップルの間に誕生した子どもの出生届のため来訪される方がたくさんいらっしゃいます。…

1,報道

神戸新聞:離婚後の面会交流 親の権利より子の意思優先    

離婚後の面会交流 親の権利より子の意思優先

http://www.kobe-np.co.jp/news/kurashi/0005253264.shtml

面会交流と養育費分担の取り決めを尋ねるチェック項目ができた新たな離婚届

 離婚によって離れて暮らすことになった親子の定期的な面会について、離婚時に決めるよう明記した改正民法が4月に施行された。離婚届には面会の取

他団体・個人の情報

フランス大使館:フランスと日本の親権制度の相違点について

フランスと日本の親権制度の相違点について

http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/taizai/soui.html

近年の人的・物的国際交流の進展に伴い、外国に移住しそこで外国人と国際結婚して家庭を築かれる方々が増加しています。
日本とフランスの間も同様の状況で、当館領事部窓口にはフランス人との結婚の届出や出生届出のため来館される方がたくさんいらっしゃいます。

1,報道

日経ビジネス:日本人による“米国人拉致”問題の行方

日本人による“米国人拉致”問題の行方

条約の批准だけで問題が解決するのか?

http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20120622/233686/?P=1&rt=nocnt

土方 奈美

“Abduct”という動詞をご存じだろうか。北朝鮮による日本人拉致問題について報じるとき、英語メディアが使う言葉である。Oxford…

5,意見・論文

愛媛県警察:未成年者略取事件被疑者の逮捕(2月18日 松山南署・捜査第一課)

未成年者略取事件被疑者の逮捕(2月18日 松山南署・捜査第一課)
http://www.police.pref.ehime.jp/sokuho/sokuho.htm
松山南署・捜査第一課は、18日までに、神奈川県横浜市鶴見区東寺尾中台の自称アパート経営A男(61歳)と、埼玉県草加市中根2丁目の調査員B男(41歳)を、未成年者略取で通常逮捕した。被疑者は共謀の上、平成24年1月30日朝、東温市内の小学校正門付近において、東温市居住の小学校1年生C女ちゃん(7歳)を車内に連れ込み連れ去ったもの。…

5,意見・論文

米国大使館AMERICAN VIEW :「日本の法制度における離婚と親権の問題」コリン・ジョーンズ

AMERICAN VIEW – WINTER 2012
日本の法制度における離婚と親権の問題

コリン・ジョーンズ
同志社大学法科大学院教授

コリン・ジョーンズ
同志社大学法科大学院教授。ケンブリッジ大学クレアホール終身会員。ニューヨーク州、グアム、パラオ共和国の弁護士資格を有する。カリフォルニア大学バークレー校で学士号、東北大学で法学修士号、デューク大学で法学修士号と法務博士号を取得。(写真 新潮社)…
5,意見・論文

AMERICAN VIEW :日本の法制度における離婚と親権の問題

日本の法制度における離婚と親権の問題AMERICAN VIEW – WINTER 2012

詳細はこちらから

コリン・ジョーンズ
同志社大学法科大学院教授

コリン・ジョーンズ
同志社大学法科大学院教授。ケンブリッジ大学クレアホール終身会員。ニューヨーク州、グアム、パラオ共和国の弁護士資格を有する。カリフォルニア大学バークレー校で学士号、東北大学で法学修士号、デューク大学で法学修士号と法務博士号を取得。(写真 新潮社)

1,報道

毎日JP:伊賀の長女連れ去り:1年6月求刑--地裁支部初公判 /三重

伊賀の長女連れ去り:1年6月求刑--地裁支部初公判 /三重

http://mainichi.jp/area/mie/news/20110914ddlk24040308000c.html

 伊賀市内の保育園で今年6月、別居していた長女(4)を車で連れ去った事件で、未成年者略取と建造物侵入の罪に問われた無職の男(33)=大阪市=に対する初公判が13日、津地裁伊賀支部(田中伸一裁判官)であった。男は起訴内容を認めた。検察側は懲役1年6月を求刑し、弁護側は執行猶予付き判決を求めて即日結審した。判決は10月4日。

 検察側は冒頭陳述で動機について、妻が伊賀市内の実家に連れて帰った長女を、無断で取り戻そうとしたと指弾。弁護側は「父親として長女に会いたい一心だった」と執行猶予を求めた。【伝田賢史】 〔伊賀版〕
kネットの情報

共同親権運動ネットワーク(kネット)メールニュースNo.50「子どもの情報を開け」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■   共同親権運動ネットワーク(kネット) メールニュース
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
◆― No.50 ―◆…