2,本・映画・ドラマ

[映像]映画:八日目の蝉 ~やさしかったお母さんは、私を誘拐した人でした~

どしゃぶりの雨の中で起きた誘拐事件。犯人は父の愛人。連れ去られたのは、私。私はその人を、本当の「母」だと信じて生きてきた。不実な男を愛し子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻との間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子と その誘拐犯に愛情いっぱいに4年間育てられた女、秋山恵理菜。実の両親の元に戻っても普通の生活は望めず、心を閉ざしたまま大学生になった恵理菜は、ある日、自分が妊娠したことに気づく。相手は、希和子と同じように家庭を持つ男だった。 『八日目の蝉』/4月29日(祝)より全国公開
5,意見・論文

[映像]4月25日は“片親疎外啓発デー”。私たちの最愛の子どもたちのためのビデオ

親や祖父母から疎外されていた世界中の子供たちや他の何百万人に捧げられています。 片親疎外は、精神的、感情的な児童虐待の最悪の形態であり、それをやめさせる必要があります。 神は私たちすべてを祝福。 Ths video is dedicated to our children and millions of others all over the world who had been alienated from their parents/grandparents. Parental Alienation is the worst form of mental and emotional child abuse, and it has to be stopped. God bless us all.
5,意見・論文

[映像]城内実議員、親子の面会交流について質疑 / 衆院・法務委員会4月26日

城内実議員による26日衆議院・法務委員会での親子の面会交流について質疑の時の映像です。カルフォルニア州で監護者指定に使われている”寛容性の原則”(Friendly Parent Rule)について紹介し江田五月法務大臣に質問しています。
1,報道

朝日:ハーグ条約加盟で調整=来月決定、サミットで表明目指す―政府

ハーグ条約加盟で調整=来月決定、サミットで表明目指す―政府

詳細はこちらから

2011年4月28日1時6分

 政府は27日、国際結婚が破綻した場合の親権争いの解決ルールを定めたハーグ条約に加盟する方針を固め、与党との調整に入った。5月にも加盟方針を閣議決定し、同月26日からのフランスでの主要国首脳会議(サミット)で菅直人首相が表明することを目指している。ただ、与党内に慎重論があり、調整は難航も予想される。…

kネットの情報

東日本大震災で被災された皆様へ 離婚と子ども、家族の問題でお悩みの方への無料相談を行っています

この度の東日本大震災において被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
共同親権運動ネットワークでは、被災をきっかけにした離婚と子ども、家族の問題についての相談支援を行っています。
津波と地震の被害や原発事故に伴う避難、家族が別々の場所に暮らす状況の中で、離婚や夫婦間の不和でお悩みの方も少なくないと思われます。…

kネットの情報

共同親権運動ネットワーク(kネット)メールニュースNo.40「面会交流を明文化した民法改正案、衆議院法務委員会を通過」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■   共同親権運動ネットワーク(kネット) メールニュース
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                      ◆― No.40 ―◆…

1,報道

去年暮れに新潟で発生した“別居後の連れ戻し”のメキシコ人逮捕事件

去年の暮れに起きたメキシコ人テウトリ・レタモサ・ナタネイル容疑者(英語教師・プロカメラマン)による連れ戻し逮捕事件について明日4月27日に新潟地裁で尋問があるそうなので、関連記事を掲載しておきます。
(投稿者)…

kネットの情報

kネット5月相談日の変更

4月よりkネット相談日は第一、第二、第三火曜の
午後6時~9時の間で開いています

5月は連休を挟みますので
連休中の相談日は中止し
5月10日、17日、24日の各日の同時刻に開きます。

前日までに電話あるいはメールで予約の上…

1,報道, 5,意見・論文

読売書評:『子どもの連れ去り問題 日本の司法が親子を引き裂く』 コリンP・A・ジョーンズ著

金子みすゞの詩集が再び売れている。その金子の死因には諸説あるが、娘の親権を巡る争いで憔悴(しょうすい)していたとも言われる。 自殺、事件の背後に親権問題が隠されていることが少なくない。
5,意見・論文

[映像](国内の)子の連れ去り、”問題意識は貴重”、江田法相答弁 / 馳浩議員4月20日の質疑

4月20日(水)に行われた衆議院、法務・青少年問題連合審査会での民法等改正法案についての審議における馳浩(自民党)衆議院議員による質疑の映像です。 江田五月法務大臣が馳浩議員の日本国内における子の連れ去り問題について、”意識は貴重”と答弁していることと、DV冤罪についてもそういったものはあると認識をしめしているところがポイントになるかと思います。