新刊本:離婚毒: 片親疎外という児童虐待

離婚毒: 片親疎外という児童虐待 [単行本] R.A.ウォーシャック (著), 青木 聡 (翻訳) http://www.amazon.co.jp/dp/4414414474 商品の説明 内容説明 子どもがいる夫婦の離婚…

5年前

映画 「I am Sam アイ・アム・サム」予告編

サムは知的障害のため7歳程度の知能しかなかったが、娘のルーシーの母親が彼の元を去った後、1人で奮闘して彼女を育てていた。だからサムとルーシーは大の仲良し。だがルーシーが7才になったとき、彼女は父親の能力を追い越すのを恐れ…

6年前

映画『家の鍵』予告

ミュンヘンからベルリン、そしてノルウェイの海辺の町へ、 15年の空白を経て出会った父と息子が辿る心の旅路 イタリア本国では、65万人を超す動員を記録して大ヒット。その後も米・アカデミー賞外国語映画賞のイタリア代表作品…

6年前

[映像]映画:八日目の蝉 ~やさしかったお母さんは、私を誘拐した人でした~

どしゃぶりの雨の中で起きた誘拐事件。犯人は父の愛人。連れ去られたのは、私。私はその人を、本当の「母」だと信じて生きてきた。不実な男を愛し子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻との間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子と その誘拐犯に愛情いっぱいに4年間育てられた女、秋山恵理菜。実の両親の元に戻っても普通の生活は望めず、心を閉ざしたまま大学生になった恵理菜は、ある日、自分が妊娠したことに気づく。相手は、希和子と同じように家庭を持つ男だった。
『八日目の蝉』/4月29日(祝)より全国公開

6年前

映画「奇跡」をPR 是枝監督ら、市長を訪問 鹿児島市

 映画「奇跡」は、両親の離婚で鹿児島と福岡に離ればなれに暮らす兄弟が「九州新幹線の一番列車がすれ違うとき奇跡が起こる」といううわさを信じ、周囲の大人を巻き込みながら家族のきずなを取り戻すというストーリー。

6年前

「子どもを訪ねてアメリカへ」

「子どもを訪ねてアメリカへ」匿名 詳細はこちらから 私 現在アメリカ在。日本国籍。 元夫 現在沖縄在。アメリカ国籍。アメリカ空軍所属。 長男 11歳。沖縄の地元小学校5年生。両国籍。 次男 7歳。1年生。両国籍。 200…

7年前

読売:シングルマザーの奮闘舞台に

詳細はこちらから シングルマザーの奮闘を、ユーモアを交えて描く演劇 シングルマザーズ」が2月20日から、東京都内で上演される。 沢口靖子さん、吉田栄作さんらが出演する。 公演するのは、劇団二兎社(にとしゃ)。 主宰の劇作…

7年前