判例 監護権者の指定 父親に認められたケース

家庭裁判月報平成21年11月第61巻第11号 で紹介された 平成21年4月28日付け東京地裁立川支決 の元になった 平成21年1月22日付け東京家裁八王子支決 です。 この東京家裁八王子支決は、お父さんに監護権者が認めら…

9年前

子の心情の成長にとって重要・直接の面接交渉

All about 専門家に聞く 阿部マリ氏 より 子の監護に関する処分(面接交渉)審判に対する抗告事件 大阪高 平21.1.16(決) 子と非監護親との面接交渉は、子が非監護親から愛されていることを知る機会として、子の…

9年前

審判前の保全処分(子の監護者の指定、子の引渡)事例

離婚弁護士の訟廷日誌 家庭裁判月報平成21年第61巻第7号(No7)で紹介された決定です(東京高裁平成20年12月18日決定)。 事案は以下のとおりです。 一方の共同親権者の監護下にある未成年者を他方が違法に連れ去った場…

9年前

「1日2分の子どもとの交流」

宗像 充 「1日2分の子どもとの交流」 ミニコミ「Dance」に公表したものです 2ヶ月に1回、2時間の子どもとの面会交流。家裁から送られてきた審判書きにはそうあった。子どもと引き離されて2年裁判所で調停と審判を重ねた結…

9年前

メルマガ Vol.3

□■           kネット メールニュース □■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ ◆― No.3 ――◆ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

9年前

学習会 子どもの成長と面会交流

kネットの関連団体のイベントのお知らせです。 ■主催 家裁いいかげんにしろ! Kさん親子の面会謝絶審判を問う会 よくて月に1度しか会えない家裁での面会交流の取り決め。 下手をすると年に3回の写真送付なんて言われてしまう。…

9年前

2008年04月20日東京新聞朝刊 「ハーグ条約」日本も調印~

2008年04月20日東京新聞朝刊 「「ハーグ条約」日本も調印も 国際結婚の親権トラブル増 カナダや米国から批判 文化的違いがネックに」 日本人の国際結婚や離婚の増加に伴い、海をまたいだ子の親権トラブルが増えている。 日…

9年前

2009年06月09日読売新聞

2009年06月09日読売新聞 離婚後、我が子に会えなくなる親がいる。 別居する親と定期的に会うかどうかは、子どもにとっても大きな問題だ。 親権者から面会を拒まれた親たちが、「子どもの成長にかかわりたい」と声を上げ始めた…

9年前

杉並区議会からの意見書

東京23区ではじめての採択です。共同親権制度に触れている点で一歩進んだ意見書だと思います。 杉並区議会サイト http://www.gikai.city.suginami.tokyo.jp/ugoki/ikensyo.h…

9年前

兵庫県西宮市議会からの意見書

共同親権法制化意見書です。 関西では初の意見書ですが、内容は東京の先を行ってます。 別居・離婚後の親子の面会交流に関する法整備と支援を求める意見書 離婚後の子どもの養育について定めた民法第766条には、子と別居親との面会…

9年前

香川県高松市議会への陳情書

陳情は採択されませんでした。 2008年8月26日 高松市議会議長 菰渕将鷹 様 離婚後共同親権・共同監護の法制化を求める陳情 単独親権制度に反対する親の会 代表 ジークフリート・キルヒアイス 私たちは離婚によって実の子…

9年前

埼玉県白岡町議会からの意見書

『離婚後の共同親権・共同監護の法制化を求める意見書』 現在日本では毎年、親権を行わなければならない子どもがいる夫婦が約17万組(2003年人口動態統計)も離婚しているが、わが国では、離婚後はどちらか一方の親だけが親権者と…

9年前

「『少子化ニッポン』の子育て事情 抜け落ちた視点」

宗像 充 「少子化ニッポン」の子育て事情 抜け落ちた視点 『アジェンダ―未来への課題―』22号(2008年秋号)に公表したものです 20号の「アジェンダ」では、「少子化」と呼ばれる日本の子育ての現状と課題が、多様な角度か…

9年前

「別居親に子どもを育てる権利を」

宗像 充 「別居親に子どもを育てる権利を」 離婚後・別居後に離れて暮らす親子の交流 雑誌「インパクション」167号(2009年2月15日発行)に公表したものを加筆修正しました。 ぼくはこの1月で自分の子どもと1年3ヶ月に…

9年前