刺殺動機語らず 元妻殺害から1週間 

2008年05月20日 (朝日新聞) いわき市四倉町で派遣社員の菅野由美さん(当時33)が、 元夫の会社員菅野義美容疑者(35)に殺害された事件から19日で1週間。 2人は子どもの親権を巡ってトラブルになっていたとされる…

10年前

棚瀬一代さんの本

書評 虐待と離婚の心的外傷 (朱鷺書房、2001年) 杉本孝子(弁護士・元裁判官)による書評 京都女子大学現代社会研究119 引用 本書は、虐待や離婚によって蒙る子どもの心の傷についての研究である。 本書を手にして、まず…

10年前

「憲法24条と家庭生活の解消」

小嶋勇 「憲法24条と家庭生活の解消」 (『日本大学法科大学院法務研究』4号、2008年) 憲法24条と連れ去り離婚の関係について おもしろい

10年前

「離婚後の面接交渉と親の権利 ―比較法文化的考察」

棚瀬孝雄 「離婚後の面接交渉と親の権利 ―比較法文化的考察」 (『権利の言説―共同体に生きる自由の法』、勁草書房、2002年) 面接交渉は親の権利とちゃんと言ってくれてうれしい。 (現在、amazonでの取扱はないようで…

10年前

『離婚したら親子はどうなるの?』

くにたち子どもとの交流を求める親の会編 『離婚したら親子はどうなるの?』 (くにたちの会刊、2008年、500円) 国立で陳情をあげたときの集会の記録集 佐藤文明戸籍論は必読 陳情のやり方あり。

10年前

『離婚後の親子たち』

氷室かんな 『離婚後の親子たち』 (太郎次郎社エディタス、2005年、1800円+税) 元夫・元妻・子どもたちに取材し各種の体験談をまとめたもの。

10年前

『子どもの福祉と共同親権』

書 名:子どもの福祉と共同親権 著 者:日弁連法務研究財団離婚後の親権及ハンズオン!埼玉 出版社:日本加除出版 内 容:【はしがきより】 (前略)研究者の問題意識と弁護士の悩みとは,当然のことながら, 共通のものとなり,…

10年前