1,報道

ミミ・ウォルター上院議員:国際的な子の拉致を阻止するためのケイスケ法(上院法案1206)が司法委員会を通過

http://cssrc.us/web/33/news.aspx?id=12145
以下は,google翻訳です。

上院司法委員会を”ケイスケ法”通過

上院議員ミミ·ウォルターズ昨日は、上院議員ミミ·ウォルターズ(R-アーバイン)によって作成された上院法案1206 、別名を〝ケイスケ法”(ケース-Kの)が全会一致の5対0で上院司法委員会によって承認されました。…

1,報道, 2,本・映画・ドラマ

ドキュメンタリー映画 「From The Shadows」が製作費寄付金を募集

日本の「子どもの連れ去り」の実態を描いたドキュメンタリー映画 From The Shadowsの製作費寄付金が募集されている。
寄付金額に応じて特典がつく。100米ドル以上で映画DVD贈呈。500米ドル以上でエンドクレジットに名前が掲載される(先着10名まで)。日本語字幕版を作成することも今回の寄付の目的となっている。締切は6月1日(金)。目標募集額は1万2千米ドル。…

1,報道

FACTA:離婚妻「子ども連れ去り」の不条理/ある日突然妻とともに子どもが消えた。おまけにDVで訴えられ養育費をガッポリと・・・・・・父親は司法に見捨てられる!

月刊FACTA5月(2012年)VOL7544頁~46頁 

離婚妻「子ども連れ去り」の不条理

ある日突然妻とともに子どもが消えた。おまけにDVで訴えられ養育費をガッポリと・・・・・・父親は司法に見捨てられる!


2,本・映画・ドラマ

新刊本:離婚毒: 片親疎外という児童虐待

離婚毒: 片親疎外という児童虐待

R.A.ウォーシャック (著), 青木 聡 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/dp/4414414474

商品の説明

内容説明
子どもがいる夫婦の離婚は、親権・監護権をどちらの親が持つのかで裁判離婚になるケースも多い。ここで問題になるのが、子どもと別居親との関係である。離婚時の恨み辛みを、子どもと同居する親は、つい子どもに言ってしまうこともあろう。愚痴程度であればよいが、悪口が罵詈雑言となり、やがては子どもへの「洗脳」となる。そして、洗脳によって我が子に毛嫌いされた別居親は、面会交流やその後の親交を拒否される。…

1,報道

4月25日片親疎外啓発デー、片親親疎外のアドボカシー道を得る、ローガン郡グレイソンパッチ

http://loganville.patch.com/blog_posts/parental-alienation-advocacy-gaining-way

【google翻訳】
午前8時05分に2012年4月11日に投稿されました

こんにちは!

私は,物事が片親疎外啓発デーの名誉のイベントのローガン郡の第1回「愛のシャボン玉」の準備を早急に進めていることを報告して嬉しい!

1,報道

東京新聞:離婚届に養育費と面会交流 記入欄新設されたが… 強制力なく自衛策必要

離婚届に養育費と面会交流 記入欄新設されたが… 強制力なく自衛策必要

詳細はこちらから

2012年4月17日

養育費などの取り決めの有無について問うチェック欄が新設された離婚届の用紙(上)と、法務省が作成した啓発パンフレット(左)。右は厚生労働省のもの…

kネットの情報

kネット・メールニュースNo.72「離婚届が変わった! 別れる前に子どものこと決めて」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■  kネット・メールニュース  No.72
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
              ★選ばなくっていい パパの家 ママの家…

1,報道

外務省:日米外相会談(概要)平成24年4月11日

日米外相会談(概要)

詳細はこちらから

平成24年4月11日

日米外相会談

 10日午後2時過ぎ(現地時間)から約1時間,訪米中の玄葉外務大臣は,クリントン国務長官との間で日米外相会談を行ったところ,概要以下の通り(先方:キャンベル国務次官補,デイヴィース北朝鮮担当特別代表,ラッセルNSCアジア上級部長,ヌーランド国務省報道官ほか,当方:藤崎駐米大使,別所外務審議官,八木経済局長,伊原北米局長ほか同席)。…

1,報道

時事通信:子の連れ去りで制裁も=米下院小委が法案可決

子の連れ去りで制裁も=米下院小委が法案可決

詳細はこちらから

 【ワシントン時事】米下院外交委人権問題小委員会は27日、国際結婚の破綻に絡む子の連れ去り問題の解決に取り組まない国に対し、外交的措置や制裁発動を求める法案を可決した。日本人の親が米国籍を持つ子を配偶者に無断で日本に連れ帰る事案が相次ぎ、大きな問題となっている。…

1,報道

熊本日日新聞社説: ハーグ条約加盟 支援態勢の整備が不可欠 2012年04月13日

詳細はこちらから

ハーグ条約加盟 支援態勢の整備が不可欠 2012年04月13日

 国際結婚の破綻によって子どもの奪い合いが起きた時にどう対処するかを定めた「ハーグ条約」加盟に向け、国内手続きなどの関連法案が今国会に提出されている。…

1,報道

iTV:妻に子どもらを日本へ拉致される the morning 2012年4月10日(火)放送

http://www.itv.com/thismorning/life/my-wife-abducted-my-son/

the morning 2012年4月10日(火)放送

【以下、google翻訳】

ダグラス・ガルブレイスは,妻に子どもらを拉致され日本に移住された後の9年間,子どもに会えていません。

ダグラス(46才)は,父親として愛情を彼の4〜6歳の息子、誠と里美に捧げていました。…

1,報道

4月25日は“片親疎外啓発デー”。4月22日から28日までは“片親疎外啓発週間”

http://www.paawarenessday.com/

http://www.paawarenessday.com/proclamations.asp
4月25日を“片親疎外啓発デー”としてバミューダ、セブンティーン、アメリカ合衆国(ニューヨーク州、メイン州、コネチカット州、フロリダ州、インディアナ州、アイオワ州、ケンタッキー州、モンタナ州、ネブラスカ州、アラバマ州、アーカンソー州、ジョージア州、メリーランド州、ミシシッピ州、ウェストバージニア州、インディアナ州、オクラホマ州)、カナダの多くの町や都市が公認しています。…