4,判例

判例:有責配偶者からの婚姻費用分担請求の一部が,権利の濫用であるとされた事例

事件番号:平成20年(家)第150号
事件名 :婚姻費用の分担申立事件
裁判所 :東京家庭裁判所
判決日 : 平成20年7月31日 (2008-07-31)
判示事項:

有責配偶者からの婚姻費用分担請求の一部が,権利の濫用であるとされた事例

判決要旨:

4,判例

審判書~面会交流申立事件~13年間息子と会う事ができなかった母親のケース

息子さんと13年間会う事ができなかった母親からの面会交流申立事件における家庭裁判所が下した審判の結果です。
息子さんも既に18歳となりました。
「相手方は,申立人に対し,申立人と未成年者との面会交流を妨げてはならない」…

4,判例

愛知県情報公開審査会、一部を開示すべきと答申。DV相談マニュアル非開示決定への異議申立てで

筆者は一年前に「女性相談センターがDV相談業務として、親子の引き離しを助長しているのではないか?」という素朴な疑問から、愛知県知事(愛知県女性相談センター)に対してDV相談マニュアルを情報公開請求を行いました。…

4,判例

月2回の面会交流審判(東京家庭裁判所2010年9月30日)

月2回の面会交流審判が、
東京家庭裁判所にて、2010年9月30日に出ました。

こちらのPDFで確認できます。
月2回の面会交流審判(東京家庭裁判所2010年9月30日)

離婚前の紛争中の夫婦であっても、
月2回の面会は認めなければならない、

4,判例

月二回の面会交流を命じた審判に対する抗告審(原審容認)

親権.jp 親子の絆ガーディアン 四国が、
月二回の面会交流を命じた審判に対する抗告審の評価を、
掲載しています。

月二回の面会交流を命じた審判に対する抗告審(原審容認)
http://minpoukaisei.seesaa.net/article/136007334.html

月一回の面会しか認めないことが多い、

4,判例

判例 監護権者の指定 父親に認められたケース

家庭裁判月報平成21年11月第61巻第11号 で紹介された 平成21年4月28日付け東京地裁立川支決 の元になった 平成21年1月22日付け東京家裁八王子支決 です。

この東京家裁八王子支決は、お父さんに監護権者が認められました。

4,判例

審判前の保全処分(子の監護者の指定、子の引渡)事例

離婚弁護士の訟廷日誌

家庭裁判月報平成21年第61巻第7号(No7)で紹介された決定です(東京高裁平成20年12月18日決定)。
事案は以下のとおりです。
一方の共同親権者の監護下にある未成年者を他方が違法に連れ去った場合における子の引渡を求める審判前の保全処分事案です。