読売「離婚後すぐ恋愛 息子に悪い?」

本文はこちらから 30代の男性。昨年、協議離婚しました。 3歳の息子は元妻が引き取って暮らしています。  離婚の原因は夫婦の性格の不一致でありましたが、 私は子どもを愛しており、これから先も愛し続けていきます。  子ども…

8年前

読売「元夫 子どもと頻繁に電話」

本文はこちらから 50代主婦。20代前半の子どもが2人。 上の子が15歳の時に離婚しています。 元夫は思いやりがなく価値観も違ったため将来を考え決断しました。  当時子どもたちは離婚に反対でしたが、優しい人間に育ってくれ…

8年前

読売「孫の行事 元夫との同席は嫌」

記事本文はこちら 60代女性。3年前に離婚し、パートで働いています。  息子の子どもが通う保育園で運動会があり、そこに私も行くつもりでした。 ところが運動会の2日前に息子から電話があり、別れた夫が来ると言われました。 私…

8年前

読売「離れていても一生父」

記事本文はこちら 生まれた時からそばにいる。ずっとそばにいられなくても、思いやり、支え合う。 親子ほど当たり前で、ありがたい関係はないはずだ。 児童虐待事件や高齢者の所在不明問題が相次ぐ。 こんな時代だからこそ、強い絆で…

8年前

宿泊面会、別居親が学校行事に参加する権利を認め、特段の事情なく面会交流は阻害されるべきでないとした裁判例

以前から、当会で連続掲載してきた現在進行中の事件の確定判決(決定)が出ましたので、途中の主張資料や一審審判を差し置いてですが、こちらを先に掲載致します。平成22年(ラ)第196号 子の監護に関する処分(面接交渉等)申立てについてした審判に対する抗告事件(原審・大阪家庭裁判所平成21年(ラ)第2601号) 大阪高等裁判所平成22年7月5日決定大阪高等裁判所第9民事部裁判長裁判官  松 本 哲 泓   裁判官  田 中 義 則   裁判官  永 井 尚 子判例PDFファイルはこち..

8年前

週刊朝日「大離婚時代 仁義なき『親権』バトル」

週刊朝日2010年11月19日 「大離婚時代 仁義なき『親権』バトル 愛娘を連れ戻そうとして逮捕 元裁判官〝覚悟〟の告発」 2005年に元裁判官の弁護士が 長女を連れ戻そうとして懲役3年執行猶予5年の 判決を受けた事件に…

8年前

滋賀県議会からの意見書提出

滋賀県議会からの意見書提出 10月13日付けで 滋賀県議会から関係政府機関宛に意見書が提出されました。 都道府県では、大阪府、兵庫県に続いて3つ目、 自治体からの意見書提出は19ヶ所目となります。 http://www.…

8年前

公明党が共同親権プロジェクトチームを設置

11月19日の公明新聞によれば、公明党が共同親権プロジェクトチームの設置を決定したそうです。以前から公明党内部では”児童虐待に共同親権を運用してはどうか”という意見もあったので、取り組んで戴けることになったようです。とても素晴らしいことです。以下公明新聞より引用共同親権制度導入でPTを設置  党政調公明党政務調査会(石井啓一会長=衆院議員)は18日、衆院第一議員会館で部会長会議を開き、「共同親権制度導入プロジェクトチーム」(PT)の設置を決めた。 離婚後別居した親と子どもの交..

8年前