2008年9月3日読売新聞 子の「連れ去り」帰国問題に~

2008年9月3日読売新聞 「国際結婚の離婚後トラブル 子の「連れ去り」帰国問題に」 国際結婚した夫婦が離婚した際、夫婦の一方が子どもを連れて自国に帰り、 もう一方が子どもと引き離されて会えなくなる事態が、各国で問題にな…

8年前

2008年11月27日しんぶん「赤旗」 「子どもに会いたい」

2008年11月27日しんぶん「赤旗」 まど「子どもに会いたい」 日本弁護士連合会が東京都内で開いたシンポジウム 「離婚と子ども-子どもの最善の利益を考える」 離婚や別居後に、子どもを引き取った側の親の拒否で、 会えずに…

8年前

2008年12月11日西日本新聞 離婚後の親子面会援助~

2009年12月11日西日本新聞 「離婚後の親子面会援助 福岡ファミリー相談室開始から半年第三者が立ち会いや連絡」 社団法人家庭問題情報センター・福岡ファミリー相談室(福岡市中央区)が、 離婚で別れて暮らす親子の面会交流…

8年前

2009年06月09日読売新聞

2009年06月09日読売新聞 離婚後、我が子に会えなくなる親がいる。 別居する親と定期的に会うかどうかは、子どもにとっても大きな問題だ。 親権者から面会を拒まれた親たちが、「子どもの成長にかかわりたい」と声を上げ始めた…

8年前

2009年7月15日朝日新聞 国際結婚破綻~

2009年7月15日朝日新聞 「国際結婚破綻した親と子 連れ去り防止 日本苦慮」 国際結婚が破綻した場合、 一方の親が勝手に子供を国外に連れ出さないよう定めた条約に加わるよう、 欧米諸国が日本政府への圧力を強めている。 …

8年前

議員会館で離婚後に会えない親子について考える勉強会開催

この記事は過去にk-net代表の宗像充が参加した活動に関して、当時宗像が作成、関連団体への転載を許可したコンテンツです。過去の活動記録の一環として収録しています。 1月20日、衆議院第二議員会館で、離婚、別居後に会えなく…

8年前

棚瀬一代さんの本

書評 虐待と離婚の心的外傷 (朱鷺書房、2001年) 杉本孝子(弁護士・元裁判官)による書評 京都女子大学現代社会研究119 引用 本書は、虐待や離婚によって蒙る子どもの心の傷についての研究である。 本書を手にして、まず…

9年前

『子どもの福祉と共同親権』

書 名:子どもの福祉と共同親権 著 者:日弁連法務研究財団離婚後の親権及ハンズオン!埼玉 出版社:日本加除出版 内 容:【はしがきより】 (前略)研究者の問題意識と弁護士の悩みとは,当然のことながら, 共通のものとなり,…

9年前

「『少子化ニッポン』の子育て事情 抜け落ちた視点」

宗像 充 「少子化ニッポン」の子育て事情 抜け落ちた視点 『アジェンダ―未来への課題―』22号(2008年秋号)に公表したものです 20号の「アジェンダ」では、「少子化」と呼ばれる日本の子育ての現状と課題が、多様な角度か…

9年前