1,報道

北海道新聞:ハーグ条約 子の利益まず考えたい

ハーグ条約 子の利益まず考えたい(1月31日)

詳細はこちらから

政府は、国際結婚が破綻した夫婦間の子どもの扱いを定めた「ハーグ条約」加盟に向けた法整備を進めている。通常国会に提出する考えだ。

条約は、離婚した夫婦のいずれかが無断で16歳未満の子を海外に連れ出した際、子をいったん元の居住国に戻すことを原則としている。…

kネットの情報

共同親権運動ネットワーク(kネット)メールニュースNo.67「また、東京高裁で面会謝絶決定」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■   共同親権運動ネットワーク(kネット)メールニュース  No.67
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
★選ばなくっていい パパの家 ママの家…

5,意見・論文

ハーグ条約の真実:ハーグ条約の趣旨

詳細はこちらから

ハーグ条約の趣旨

ハーグ条約は、「子どもの親権をどちらがとるか」を決めるものではありません。常居所国で、きちんと法的手続きをとるための手続き規定です。
夫婦が別れる場合には、「きちんと子どもの将来のことを話し合う」ことが、子どもの福祉に適うという考え方が背景にあります。…

1,報道

共同親権運動ネットワーク(kネット)メールニュース No.66 「子どもは動産 人さらい国家・日本の現状」 

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■   共同親権運動ネットワーク(kネット)メールニュース  No.66
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
★選ばなくっていい パパの家 ママの家…

1,報道

NHK:共同親権制度 “日本でも導入を”

共同親権制度 “日本でも導入を”

詳細はこちらから

1月29日 17時41分

国際結婚が破綻した際の子どもの扱いを定めた「ハーグ条約」への加盟に向けて日本政府が準備を進めるなか、条約の加盟だけでは不十分だとして、離婚後も両親が共同で親権を持つ「共同親権制度」の導入を求める署名活動が行われました。…

1,報道

日経社説:条約運用は子の利益優先で

条約運用は子の利益優先で

詳細はこちらから

 

 国際結婚が破綻した際の子をめぐる争いのルールを定めた「ハーグ条約」加盟に向け、準備がほぼ整った。政府は3月に必要な法案を国会に提出する。

 私たちはかねて早期加盟を主張してきた。今後は引き続き加盟へのプロセスを進めるとともに、国会審議を通じて多様な個別事例にきめ細かく対応できる仕組みをつくる必要がある。その際、子の利益を最優先にすることを常に考えることが大切だ。

1,報道

毎日:質問なるほどり ハーグ条約って?

質問なるほドリ:ハーグ条約って?=回答・反橋希美

詳細はこちらから 

<NEWS NAVIGATOR>

 ◇国際離婚、子の扱い規定 日本人女性の連れ帰り問題に

なるほドリ 最近耳にする「ハーグ条約」ってどんな条約?

1,報道

毎日:ハーグ条約:子の所在、民間にも照会 外国から返還請求時--加盟へ指針

ハーグ条約:子の所在、民間にも照会 外国から返還請求時--加盟へ指針

詳細はこちらから 

国際結婚が破綻した場合の子の扱いを定めたハーグ条約の加盟に向け、日本国内で子の所在特定などの実務を担う「中央当局」となる予定の外務省が、

1,報道

毎日:ハーグ条約加盟要綱案:子の返還拒否、DV考慮

ハーグ条約加盟要綱案:子の返還拒否、DV考慮

詳細はこちらから

◇東京・大阪で裁判…3審制
政府が加盟を目指す「ハーグ条約」(加盟87カ国)の国内手続きを検討してきた法制審議会(法相の諮問機関)の担当部会は23日、東京・大阪の2家裁で子を返還するかどうか決める裁判を行うことなどを盛り込んだ要綱案をまとめた。2月の総会で正式に要綱として決定し、法相に答申する。法務省は要綱を基に外務省と連携しながら3月の法案提出を目指す。…

1,報道

毎日:ハーグ条約加盟要綱案:DV被害の元妻ら「まだ不安」

ハーグ条約加盟要綱案:DV被害の元妻ら「まだ不安」

詳細はこちらから

「ハーグ条約」の国内手続きについて法制審議会の要綱案が23日まとまり、返還を拒否できるケースなどが示された。だが、配偶者による暴力(DV)から逃れて帰国した女性からは「これで本当に解決するのか」と不安視する声も上がった。

1,報道

産経:ハーグ条約 DV証明困難 運用不安

DV証明困難 運用不安

詳細はこちらから2012.1.23 20:54

 ハーグ条約に加盟すれば国際結婚をめぐるトラブルが減少するという見方がある一方、国内では反対論も根強い。要綱案ではドメスティックバイオレンス(DV)から逃れた帰国は子供の返還を拒否できるとしたが、DVの証明は難しく、被害者からは不安の声が聞かれる。

1,報道

時事:子の返還、強制執行も=ハーグ条約加盟へ手続き規定-法制審が要綱案

子の返還、強制執行も=ハーグ条約加盟へ手続き規定-法制審が要綱案

国際結婚が破綻した夫婦の子(16歳未満)の親権に関するハーグ条約について、法制審議会(法相の諮問機関)の部会が23日、条約加盟に必要な国内法の

1,報道

日経:ハーグ条約加盟へ要綱案 子の返還で強制執行も

ハーグ条約加盟へ要綱案 子の返還で強制執行も

2012/1/23 20:19
詳細はこちらから

 法務省は23日、国際結婚した夫婦が離婚した場合など国際的な親権問題解決のルールを定めた「ハーグ条約」加盟に向け、子供の返還手続き に関する要綱案をまとめた。日本に住む親が外国に住む親への返還に応じない場合、裁判所の職員が子供を親から強制的に離す権限を持つと規定した。政府は関

1,報道

文藝春秋日本の論点PLUS:「ハーグ条約」

詳細はこちらから

ハーグ条約
2012.01.26 更新
1980年、オランダのハーグ国際私法会議で採択された「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約」のことで、国際結婚が破綻した夫婦の一方が、もう一方の了解を得ないで子どもを国外に連れ出すことを禁じた国際条約。欧米を中心に80カ国余りが加盟している。日本は未加盟だったが、2011年5月、加盟の方針を打ち出した。加盟にあたっては国内法の整備が必要になるため、法制審議会が検討を重ね、2012年1月23日、その要綱案を発表した。…