1月のkネット交流会@別府

今月のKネット@別府について、お知らせします。 (毎月第3土曜日の18時~です。) http://ameblo.jp/namita-repo/ 今月は、 日時: 1月21日(土曜日)18:05~21:00、 場所:  野…

6年前

東京新聞:親の離婚と子どもの権利

東京新聞2011年12月19日 A to Z「親の離婚と子どもの権利」 夫婦は別れても親子の関係はなくならない―との考えが広がりつつある。 今年5月の民法改正では、離れて暮らす親子の面会交流と養育費について、 離婚時に取…

6年前

スポニチ:郷ひろみ 長女は在京テレビ局に就職 次女は20歳に

 肺炎のため7日に81歳で亡くなった俳優の二谷英明さんの通夜が10日、東京・芝公園の増上寺光摂殿で営まれた。二谷さんの一人娘友里恵さん(47)の元夫の郷ひろみ(56)も駆け付け、2人の娘と12年ぶりに再会。悲しみの場での対面となった。

 悲しみの中、英明さんの通夜で見た2人の愛娘は、友里恵さんや白川のおかげで立派に成長していた。薫子さんは昨年4月に在京テレビ局に就職。新子さんは3月に20歳の誕生日を迎える。

 帰る時は報道陣の前をあえて通らなかった郷。さまざまな思いを胸にしまい込んで去っていくように見えた。

6年前

スポニチ:郷ひろみ 14年前の「ダディ」で離婚告白の最大の理由

郷ひろみ 14年前の「ダディ」で離婚告白の最大の理由

<二谷英明さん通夜>通夜に参列する郷ひろみ
Photo By スポニチ
 肺炎のため7日に81歳で亡くなった俳優の二谷英明さんの通夜が10日、東京・芝公園の増上寺光摂殿で営まれた。二谷さんの一人娘友里恵さん(47)の元夫の郷ひろみ(56)も駆け付け、2人の娘と12年ぶりに再会。悲しみの場での対面となった。

 98年4月、友里恵さんとの離婚を告白して世間を驚かせた著書「ダディ」。同書では「どんな状況になろうとも、きみたちの父親はダディしかいない」と娘への愛をつづっている。会見ではなく本で離婚を発表したのは「まだ小学生で夫婦のことを理解してもらえない子供たちに、後々によく読んでもらいたかった」ことが最大の理由だった。「ダディ」とは娘が郷を呼ぶ愛称だ。

 01年に友里恵さんが離婚の真相をつづった告白本「楯」を出版した際は「子供たちのために反論しない」と口を閉ざした。娘を守りたいという父親の一心だった。

[ 2012年1月11日 07:19 ]

6年前

毎日:郷ひろみ複雑 二谷英明さん通夜で12年ぶりに娘と再会

郷ひろみ複雑 二谷英明さん通夜で12年ぶりに娘と再会

肺炎のため7日に81歳で亡くなった俳優の二谷英明さんの通夜が10日、東京・芝公園の増上寺光摂殿で営まれた。二谷さんの一人娘友里恵さん(47)の元夫の郷ひろみ(56)も駆け付け、2人の娘と12年ぶりに再会。悲しみの場での対面となった。

郷は通夜開始から10分後に姿を見せた。香典を持った両手をおなかの前で組み、報道陣の前を通って祭壇へ向かった。

焼香を終えると、遺族側に一礼。2人の娘と目が合ったかどうか定かではないが、久々の再会。10分足らずで会場を後にしたが、12年ぶりに対面した愛娘の姿は郷の目にどう映ったのだろうか。

最後に会ったのは2000年5月。父娘でありながら、友里恵さんと離婚したことで、長女薫子(ゆきこ)さん(22)、次女新子(わかこ)さん(19)に容易には会えない状態が続いていた。娘との面接交渉を妨害されたとして友里恵さんを訴えたこともあった。そこまでしても、2人に会いたがっていた。

郷にとっては「目に入れても痛くない」存在だ。89年、薫子さんの誕生直後は「かわいくて仕事にならない」と親バカぶりを披露。友里恵さんが再婚してからも、折に触れて子供のことを気にかけてきた。

6年前

毎日新聞:「国の立法にはコメントはできない」としながらも、「全国的に外国人が当事者となっている。子の福祉を尊重し、適切に解決したい」松山家庭裁判所新所長、着任会見で抱負

松山家庭裁判所:「住みよい社会に」 新所長、着任会見で抱負 /愛媛

 松山家庭裁判所長に着任(先月27日付)した大谷吉史氏(63)が6日、松山市南堀端町の同家裁で記者会見し「住みよい、安心して生活できる社会にしたい」と抱負を語った。

大谷所長は少年犯罪について「全国的に若年層の人口が減っている事もあり少年事件は減少している。一方で非行の低年齢化が進んでいる。少年の再非行を防止し全体の社会の調和を図りたい」と決意を話した。

また、国際結婚が破たんした夫婦の16歳未満の子の扱いを定める「ハーグ条約」加盟へ向けた国内法が今年にも整備される動きについては、「国の立法にはコメントはできない」としながらも、「全国的に外国人が当事者となっている。子の福祉を尊重し、適切に解決したい」と話した。

石川県出身。東京地裁判事、さいたま地裁部総括判事などを歴任。趣味は硬式テニス、映画鑑賞など。座右の銘は「公平無私」。【村田拓也】

6年前

(イギリス)デイリーオンライン:「離婚した親は新法下において元配偶者と子どもを会わせなければ刑務所行きになるリスクを負うことになる

以下google翻訳
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2082970/Divorced-parents-risk-jail-stop-ex-partner-seeing-children-new-law.html

離婚した両親は、新法の下で子供たちに会う権利を有します。

  • 判決を受け入れることを拒否する人々は刑務所を危険にさらすことができる
  • 連合は、それが2005年には門限や電子タグを座談するときに労働が失敗した場所の成功に期待している

 ダニエルマーティンによって

最後の2012年1月6日21:05に更新さ

 

閣僚は離婚した両親がその子へのアクセスを保証されるようにする法的義務の下に裁判所を置くために新しいルールを構想している。 

注文を受け付けることを拒否する親は、裁判所とリスク厳重な処罰、あるいは刑務所の侮辱になります。 

この動きは、お父さんが、通常、母親の親権を与える現在の制度の下で罰せされると信じて、父親の権利の活動家を喜ばしてくれるでしょう。

ホープ:母親が監護権を付与しているときに現在のアクセスを拒否することができるので、父親の権利"運動家はニュースに喜んでされるホープ:母親が監護権を付与しているときに現在のアクセスを拒否することができるので、父親の権利”運動家はニュースに喜んでされる

連合は労働が失敗した場所の成功に期待している。2005年初頭に、それは母親がパートナーは夜の外出禁止令や電子タグなどの罰則を課すと脅しによって彼らの子供を見ることができるように強制しようとした。 

 

 

副首相ニッククレッグとトーリーの仕事と年金秘書イアンダンカンスミスは、明らかに彼らがより成功することを願って異なるアプローチを合意している。

約3.8millionの子どもたち – 3人に1人 – 父親なしでのライブ。

昨夜子供の大臣ティムLoughtonは言った:”私たちのビジョンは、通常の状況下で、子供は関係なく、その相互関係の、両方の彼または彼女の親との関係を持っている、ことを立証することです。

“私たちは、子供に2つの愛する両親の指導の下で育っているの最善の機会を与えるようにシステムを改善するために我々はできる限りのことを行う必要があります。

新しい家族:ニッククレッグは、連合の努力がより多くの子供たち2つの両親と一緒に成長するチャンスを与えると考えています新しい家族:ニッククレッグは、連合の努力がより多くの子供たち2つの両親と一緒に成長するチャンスを与えると考えています

“すべての証拠は、子どもたちが真に子どもの発達にさまざまな貢献をする可能性と、両方の親との関係から利益を得ることを教えてくれる。

“文化は、母親が子供の世話を主に担っていることを伝統的な見方から離れてシフトしている。ますます社会は双方の両親の貴重なそして明確な役割を認識しています。

“我々は、可能な限り立法と非立法的手段を介して共有子育てを促進するためのすべてのオプションをよく見ている。”

氏Loughtonのコメントは、それが審査員に過度に圧力をかけるだろうという、閣僚は母親と父親のための平等なアクセスを拒否十一月的家族正義の見直し、の重要な発見に対して行っていることを示している。

それは法律が共有子育ての推定を含め、1989年児童法を改正することによって変更できると信じられている。

政府は今月末に議論されるだろうトリーMPチャーリーElphickeによる新人議員団法案をサポートするための別のオプションは次のようになります。

法案は、裁判所及び”児童の権利を知ることとへのアクセスと関係する両方の両親との接触を持つまでに成長含まれていることを前提のもとで運用するために、”子供のための連絡先の受注を適用している協議会が必要になります。

ナディーヌオコナー、Fathers4Justiceのキャンペーンのディレクターは、政府の動きは”前方に巨大なステップ”であると述べた。

“それは父親が母親と同じくらい多くの権利を持っていることを言っている、”彼女は言った。“私はそれを見る時、私はそれを信じるようになるが、改革は家族の司法システム全体に適用する必要があります。”

Read more: http://www.dailymail.co.uk/news/article-2082970/Divorced-parents-risk-jail-stop-ex-partner-seeing-children-new-law.html#ixzz1ij5daT8U

6年前