5,意見・論文

小島慶子:国際女性デーだからこそ、男性のしんどさにも目を向けよう

https://news.yahoo.co.jp/byline/kojimakeiko/20170308-00068469/

国際女性デーだからこそ、男性のしんどさにも目を向けよう
小島慶子 | タレント、エッセイスト
3/8(水) 9:00

(ペイレスイメージズ/アフロ)

国連「UNウィメン」親善大使の女優、エマ・ワトソンさん。『ヴァニティ・フェア』誌の撮影でセクシーな服を着た彼女を「悪いフェミニスト、偽善者」と批判する声に対して「フェミニズムの本質は、女性に選択肢を与えること」と反論しました…

kネットの情報

kネット・メールニュースNo.322「子どもを親から守るためにセックスを禁止しよう」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■  kネット・メールニュース  No.322
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

「家庭裁判所に法の支配を。日弁連に人権の確立を。」…

1,報道

面会交流によって、アメリカでは年間何十人もの子どもが殺されている

https://news.yahoo.co.jp/byline/sendayuki/20170228-00068182/

面会交流によって、アメリカでは年間何十人もの子どもが殺されている
千田有紀 | 武蔵大学社会学部教授(社会学)
2/28(火) 6:38

父親に殺害され放火された5歳のクィンちゃん。フェイスブックからの転載を転載…

kネットの情報

毎日新聞:自助グループ 松川に創設 苦しむ別居親支えたい /長野

自助グループ
松川に創設 苦しむ別居親支えたい /長野

毎日新聞2017年2月11日 地方版

http://mainichi.jp/articles/20170211/ddl/k20/040/161000c

 離婚や別居後、親権者に子供との面会を拒否されている親を支援する「kネット 共同親権運動ネットワーク」(大鹿村)は11日、松川町で自助グループを創設し、交流会を開く。同じ境遇の親たちが悩みを共有し支え合うのが狙いで、電話で相談を受け付ける「別居親子ホットライン」も開設する。運営委員の宗像充さん(41)は「自分だけではないと思えると、つらさや孤独も乗り越えられる」と参加を呼び掛けている。…

1,報道

毎日新聞:損賠訴訟 面会交流拒否で地裁が賠償命令 距離少しずつ埋めたい 息子への思い、原告男性が心境明かす /熊本

http://mainichi.jp/articles/20170123/ddl/k43/040/185000c

損賠訴訟
面会交流拒否で地裁が賠償命令 距離少しずつ埋めたい 息子への思い、原告男性が心境明かす /熊本

毎日新聞2017年1月23日 地方版

熊本県

[PR]

 「パパと呼んでくれなくなった」。離婚後に別居した長男(12)との面会交流を求め、元妻と再婚相手に損害賠償を求めていた原告の40代男性はやりきれない胸の内を明かす。2015年10月、約3年5カ月ぶりに長男と公園で再会し、キャッチボールをした。会えなかった間に小学2年生から5年生に進級した。背は伸び、表情もりりしくなったけれど、かつて「パパ、パパ」と駆け寄ってきた息子はぎこちなかった。【柿崎誠】…

1,報道

中日新聞:<子の幸せは?> 離婚後も親の責任意識を 

http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=434508&comment_sub_id=0&category_id=199

<子の幸せは?> 離婚後も親の責任意識を 

2017/2/9 朝刊

親子断絶防止法案について話す馳浩衆院議員=東京・永田町の衆院第1議員会館で

 離婚後に別々に暮らす親子に交流を促す「親子断絶防止法案」(通称)の国会提出を、超党派の国会議員連盟が目指している。別居した親が子どもに会おうとしても同居親の同意を得られず、調停や訴訟の件数が増えていることが背景にある。ただ、ドメスティックバイオレンス(DV)の被害者には、元配偶者と子どもの面会に強い不安を感じる人も少なくない。子どもにとって何が一番良いのか。それをめぐる意見の対立も深い。議連事務局長の馳浩衆議院議員に法案の狙いを聞いた。…

1,報道

中日新聞:<子の幸せは?> 親子断絶防止法案、「面会交流」めぐり賛否 

http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=434803&comment_sub_id=0&category_id=199&from=news&category_list=199

2017/2/10 朝刊

 離婚後の親子の面会を促す「親子断絶防止法案」(通称)をめぐっては、賛成と反対、双方から切実な声が聞かれる。日本では離婚の際に子どもの親権者を決める必要があるが、離婚が珍しくない時代になり、その後の面会交流をめぐる争いも多い。双方の意見を聞いた。…

1,報道

時事通信:離婚後の親子、交流促進を=超党派議連が議員立法

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6229291

離婚後の親子、交流促進を=超党派議連が議員立法

時事通信 2/6(月) 4:32配信

 自民、民進両党など超党派の「親子断絶防止議員連盟」(会長・保岡興治元法相)は、離婚や別居で婚姻関係が破綻した父母の一方と、離れ離れになった子が面会や交流を通じて、継続的な親子関係の維持を促進するための法案をまとめた。…