1,報道

朝日新聞:ハーグ条約、子どもの返還7件 外務省

http://www.asahi.com/articles/DA3S11672262.html

ハーグ条約、子どもの返還7件 外務省

2015年3月27日05時00分

 外務省は26日、夫婦のどちらかが子どもを国外に連れ出した場合の扱いを定めるハーグ条約に基づき、元々住んでいた国への子どもの返還が7件あったと発表した。昨年4月に条約に加盟した後、外務省は1年間で41件の返還援助申請を受理したという。…

1,報道

朝日新聞:ハーグ条約、子の返還9件 最高裁公表

http://www.asahi.com/articles/DA3S11698938.html

ハーグ条約、子の返還9件 最高裁公表

2015年4月11日05時00分

 夫婦のどちらかが子どもを国外に連れ出した場合の扱いを定めたハーグ条約に基づき、東京と大阪の両家裁が子の返還を認める決定をしたケースが、日本が条約に加盟した昨年4月から今年3月末までに計9件あった。最高裁が10日、公表した。家裁への返還申し立ては16件あった。…

kネットの情報

kネット・メールニュースNo.240「面会交流について話し合わない同居親弁護士は違法」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■  kネット・メールニュース  No.240
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

「家庭裁判所に法の支配を。日弁連に人権の確立を。」…

1,報道

大分合同新聞:別居中、子どもとの面会妨げ 弁護士に賠償命令・熊本地裁

http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/35317299.html

https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/03/31/002009864

別居中の妻(30代)と暮らす子どもと定期的に会う「面会交流」をすることで合意したのに、妻側から不当に拒否されたなどとして、熊本県の男性(30代)が、大分県に住む妻と代理人弁護士に慰謝料500万円の支払いを求めた訴訟の判決で、熊本地裁(中村心裁判官)が男性の訴えを一部認め、妻と弁護士に計20万円の支払いを命じたことが30日、分かった。27日付。…